互換性&動作環境

この記事の他のバージョン:

Bluebeam® Revu® 20 互換性&動作環境

オペレーティングシステム

  • Windows® 10 (32 ビットおよび 64 ビット)
  • Windows 8.1 (32 ビットおよび 64 ビット)

インストール中、.NET4.7.1 以上がワークステーションにない場合は、Microsoft® .NET Framework 4.6.1 がインストールされます。.NET に関する詳細情報はここから参照できます

.NET Framework 4.7.1 をインストールするには、Windows 10 マシンに Windows 10 Anniversay Update またはそれより最新のものが搭載されている必要があります。詳細については、Microsoft ウェブサイトをご参照ください。

仮想環境

Bluebeam Revu は、XenApp® 6.5-7.6 および XenDesktop 7.14、7.16、 7.17、 7.18、7.15 LTSR でCitrix Ready® 認証を受けています。

当社の EULA (使用許諾契約書) に引き続き準拠するためには、御社の Revu ユーザーの数だけライセンスを購入する必要があります。

Citrix 環境では Windows Server® 2012 R2 以降に対応しています。

プラグイン

Bluebeam Revu の各エディション (Standard、CAD および eXtreme®) には、ワンクリックで PDF を作成するためのさまざまなプラグインのセットが含まれています。

Microsoft Office®

スタンダード CAD eXtreme

Microsoft Office 2010 – 2019 (Word®、Excel®、PowerPoint®) および Office 365® (ローカルにインストールされたアプリケーションでサポートされています)。以前のバージョンの Office および Office 365 Online アプリには、Bluebeam PDF プリンタでサポートされています。

Microsoft Outlook® 2010-2019


SharePoint®

スタンダード CAD eXtreme

SharePoint® Server 2010 – 2016、SharePoint Foundation 2010 – 2013

* Internet Explorer 統合オプション用のサーバー側の構成コンポーネント。このコンポーネントには Ineternet Explorer 11 が必要です。


ProjectWise®

スタンダード CAD eXtreme

ProjectWise CONNECT Edition v10


AutoCAD®

CAD eXtreme

AutoCAD 2017 – 2020 (Architecture、Civil、Mechanical などの AutoCAD プラットフォームにビルドされている Autodesk® 製品とも互換性があります)。

* Bluebeam では、Autodesk 対応の Windows の各バージョンで動作する AutoCAD のみに対応します。


AutoCAD (3D PDF 作成)

CAD eXtreme

AutoCAD 2017 – 2021


AutoCAD LT®

スタンダード CAD eXtreme

AutoCAD LT 2017 – 2021

AutoCAD LT は、Bluebeam PDF プリンタでサポートされています。Bluebeam PDF プリンタを使用して PDF ファイルを作成する AutoCAD LT には、2 つのボタンのツールバーが追加されます。


Revit®

CAD eXtreme

Revit 2017 – 2021


Revit (3D PDF 作成)

CAD eXtreme

Revit 2017 – 2021


CAD eXtreme

Navisworks Manage 2017 – 2020、Navisworks Simulate 2017 – 2021


SketchUp® Pro (3D PDF 作成)

CAD eXtreme

SketchUp Pro 2017 – 2020


SolidWorks®

CAD eXtreme

SolidWorks 2017 – 2020


その他のアプリケーション

スタンダード CAD eXtreme

Bluebeam PDF プリンタは、PC にインストールされているすべての CAD アプリケーションと Windows アプリケーションで動作します。例: AutoCAD LT、Revit LT、旧バージョンの Revit、Autodesk Inventor、MicroStation。

Bluebeam PDF プリンタは仮想化、名称変更、またはプリントサーバーをサポートしていません。

PDF/A 対応

Bluebeam Revu では、ISO® 規格に従った PDF/A-1b 準拠のファイルの作成に対応しています。

ハードウェア

Windows デスクトップおよびタブレットの推奨要件を以下に示します。

最小要件

表示
1024 x 768

360 度写真を表示するには、OpenGL® 3.0 以上をサポートするディスプレイドライバが必要です。

OpenGL® 3.2 (またはそれ以上)、または OpenGL® ES 3.0 (またはそれ以上) をサポートするディスプレイドライバが必要です。

プロセッサ
デスクトップおよびラップトップ:1 GHz プロセッサまたは同等のプロセッサ (推奨、以下を参照)
タブレット:Intel® i3 プロセッサまたは同等のプロセッサ
RAM
4 GB (32 ビットの Windows)
8 GB (64 ビットの Windows)
ハードディスク
5 GB 以上の空き容量が必要
通常のオフィスドキュメントに対して Revu を使用する場合
一般的なオフィスアプリケーションに Revu を使用する場合、上記の要件を満たすミッドレンジコンピューターを使用できます。
規模の大きいエンジニアリングドキュメント一式に Revu を使用する場合
PDF に数百の大型図版が含まれるような規模の大きい図面一式 (建設業のプロジェクト入札書類など) で使用する場合、ワークステーションに十分なメモリおよびプロセッサリソースを用意することをお勧めします。推奨のハードウェア構成は、64 ビットの Windows、Intel i5 Dual Core 以上のプロセッサと、最低 8 GB の RAM です。それより低い仕様のシステムでも Revu を実行することはできますが、上記の環境を備えたワークステーションでパフォーマンスが最適になります。
Revu for OCR の使用
64 ビットバージョンの Revu eXtreme には OCR が含まれています。32 ビットの Revu では OCR は動作しません。