企業インストール

Bluebeam Revu および Bluebeam Vu は、お客様の組織の大規模な用途に対応するように設計しました。 このページでは、Bluebeam Software をお使いの環境に導入するための計画、実装、および管理のためのリソースを紹介します。

企業内での Bluebeam の実装ガイドでは、企業環境に Bluebeam を導入し、それを利用する方法について説明します。 大規模な組織では、デスクトップアプリケーションを実装するときに固有の課題に直面することがよくあります。たとえば、ネットワーク環境内で複数ユーザの設定を使用する場合に、最も効率的に導入および設定する方法はどのようなものか、といった課題です。

Bluebeam Revu Enterprise 管理者ガイドでは、導入完了後に日常業務でインストールソフトウェアを管理する方法について説明しています。

メモ: 最良の結果を得るため、導入を開始する前に、両方のガイドブックを読むことを強くお勧めします。

Bluebeam Revu 2017.0.30 の更新ファイル

Revu 2017.0 では、合理化された更新処理を導入しました。この処理では、Revu のフルインストーラを使用する代わりに、よりサイズの小さい更新ファイルを使用します。 たとえば、40 MB の更新ファイルを使用すると、Revu 2017.0.30 の更新はフルインストーラよりもサイズが 92% 小さくなります。 これにより、お使いのソフトウェアを更新するために必要な時間が削減されます。

一緒に配布される Readme ファイルには、修正プログラムのインストールに必要な手順も含まれています。修正プログラムは既存の Revu インストールファイルに適用されるため、MSP ファイルでの追加の設定は不要です。

メモ: MSP 更新ファイルは、Revu 2017.x にのみインストールされます。それ以前のバージョンを更新するには、MSI のフルインストールが必要です。

この更新処理では、再起動が必要になることがあります。そのため、更新を開始する前に、作業中のすべてのファイルを保存し、開いているすべてのアプリケーションを閉じてください。

64 ビット MSP 更新ファイル: 英語および国際版

32 ビット MSP 更新ファイル: 英語および国際版

 


Bluebeam Revu & Vu 2017.0.30 のインストールファイル

以下に示す MSI デプロイパッケージでは、Microsoft の Windows インストーラーフレームワークを使用し、Msiexec ユーティリティを使って自動インストールを実行します。 パラメータは、コマンドラインで渡すか、または Orca などの MSI エディタで設定できます。 導入には、グループポリシーや Windows SMS など、さまざまな方法を利用できます。

Revu 2017.0.30

メモ: これらのパッケージには、Standard、CAD、eXtreme の 3 つの Revu エディションがすべて含まれています。 エディションの選択とインストールの登録は、導入ガイドに記載された手順に従う必要があります。

Revu 2017.0.30 を更新する場合は、上記で入手可能な MSP 更新ファイルを使用してください。

64 ビット MSI 版: 英語および国際版

32 ビット MSI 版: 英語および国際版

Revu の以前のバージョンについては、ここをクリックしてください。


Vu 2017.0.30

Utilisez l’installation complète pour mettre à jour Bluebeam Vu.

64 ビット MSI 版: 英語および国際版

32 ビット MSI 版: 英語および国際版

Revu の以前のバージョンについては、ここをクリックしてください。